6月24日来水戸。年間120本のパーティー出演を超える現場主義  |  DJ KYOKO

6月24日来水戸。年間120本のパーティー出演を超える現場主義 | DJ KYOKO

2008年に日本に訪れた空前のELECTROブーム。
その火付け役の一人【DJ KYOKO】が6月24日土曜日に水戸のBar Granmaにて開催されるEDGEにてゲスト出演する。

私が知るこのELECTROブームの火付け役を紹介しよう。
楽曲制作においてその人気を博したのは3組のアーティスト。

・DEX PISTOLS
1_3c8w9396absl1vxes69vh

・80KIDZ
80KIDZ

・THE LOWBROWS
149

そしてMIX CDにて影響を与えたのは

・MADEMOISELLE YULIA

yulia

・ALYN

2257

・DJ KYOKO
kyoko_a-777x474

三人のFemale DJによるところにある。

今ほどSNSが盛んとも言えない時代背景。三人の共通する点は本物のファッショニスタであるということ。
ファッショニスタは既存の流行に影響される事はなく、先に人気となるであろうもの(本人達にはその意識はない)の情報や魅力を自分の生活に反映させる者を指す。
抜きん出たセンスを様々な企業が発見、製造し、一般に落とし込まれていく。
その時代の流行を作っているのがまさにその人なのである。
DJ KYOKOはブーム後もただひたすらに現場にこだわり、イベント出演年間100本を超える人気DJとなり、それは今もなお続いている。

KYOKOのMIX CDシリーズ『XXX』は4枚リリースされ、各ローカルDJのみならず様々なアーティストに影響を与えたのは間違いない。
メジャーデビューの『PAPER TRAIL OF NIGHTS』
ドイツのレーベルからリリースした前作『Time’s Fool』

そして前作から4年。
待望の新作『SPONGE』がリリースとなり、今回の来水戸はGranmaのパーティー「EDGE」の7周年に合わせてリリースイベントとなる。

 

DJ KYOKO
東京のみならず、日本全国、アジア各国のダンス・フロアからラヴ・コールが止まぬ存在となったDJ KYOKO。2003年に本格的なDJキャリアをスタートさせて以来、キュートなルックス&キャラクターからは想像できないパワフルなプレイで年間120本に及ぶパーティのDJを務めあげ、2016年5月には元・アンダーワールドのダレン・エマーソンの来日公演でフロント・アクトを務めたことも記憶に新しい。2013年1月にベルリンのレーベル〈Farben〉からワールドワイド・リリースした前作『Time’s Fool』をはじめ、過去6タイトルの累計販売枚数は20,000 枚を超え、名実ともにトップDJとしてのキャリアを着実に積み重ねていくなか、2016年末、実に4年ぶりとなる待望の新作『SPONGE』をリリース。

Blog:http://lineblog.me/djkyoko/
LINE OFFICIAL:https://line.me/R/ti/p/%40djkyoko
facebook:https://www.facebook.com/djkyokoofficial
Instagram:https://www.instagram.com/djkyoko/
Twitter:https://twitter.com/djkyoko

 

18813178_1450777191669726_3782400492348572580_n

6/24(Sat)

EDGE 7th Anniversary × DJ KYOKO new MIX CD “SPONGE” release tour in MITO

■OPEN■
22:00

■FEE■
DOOR:¥2500 w/1D
ADM:¥2000 w/1D

■GUEST■
DJ KYOKO

■DJ■
MANABU
TAKESHI
NICOLE
J@K