10/1土曜日 男子バスケットボール「B.LEAGUE」茨城ロボッツホーム開幕戦

10/1土曜日 男子バスケットボール「B.LEAGUE」茨城ロボッツホーム開幕戦

男子バスケットボール「Bリーグ」茨城ロボッツホーム開幕戦が10/1,2に行われた。
何と言っても開幕戦。
つくばロボッツから茨城ロボッツへ変わった記念すべきホームでの試合である。

会場には長蛇の列が出来ていた。老若男女、様々な人達が応援に駆けつけている。

dsc07712 dsc07714
会場入り口では、売店があったり、茨城のアーティストがライブをしたりと賑わっている。

dsc07718 dsc07716

開場は16:30。
ファンクラブ会員の方は優先的に入れる仕組み。
今回の開幕初戦は観戦チケット来場者に茨城ロボッツTシャツを配布している。

dsc07727 dsc07733
なんて太っ腹なサービス。
観客みんなで同じTシャツを来て応援する事に意味があり、それこそが最大の楽しみと言って良いだろう。

他にもグッズ販売なども列が出来ており、つくばロボッツだった頃のTシャツを着ているファンの方々も見受けられた。

dsc07740 dsc07741

そうして、観客みんなで着用し、仕上がった観客席は青に染まっていった。

dsc07950

dsc07875

dsc07932

試合開始前に国旗に向かって選手全員で君が代を斉唱。
水戸市長高橋靖より挨拶。
「青柳公園にこんなに人が集まったのは初めて見た。水戸を元気にする為に頑張って行きましょう。」
18時より試合開始。
チアのパフォーマンスで熱気づく会場。

dsc07853
スターティングメンバーの紹介。
各メンバーの登場により、ファンから声援があがる。
選手は円陣を組み、歓声に答えるべく気持ちを入れる。
視線は一斉に中央に集まる。

dsc07905 dsc07925
いざティップオフ。
先制点は茨城ロボッツ。幸先のいいスタートに会場のボルテージが上がる。

試合中は音楽がかかり、様々な展開を演出している。
それに合わせて手を叩く、声を出すタイミングと内容、全体パフォーマンスなど観客全員が何をして応援すれば良いか、わかりやすいようモニターに映し出している。

dsc07939 dsc07943

またタイムアウトの際には、会場全体で音楽に合わせたパフォーマンスで盛り上げる。

とにかくバスケの試合展開は早い。
メンバーチェンジも即座に行われる。

バスケットカウントや3pなどのビッグプレイの盛り上がりがとにかく凄い。
シュートがきまった時には大声を張り上げて喜ぶ観客もたくさんいる。

インターバルにチアによるダンスパフォーマンス。

dsc08073

こういったショー形式のスポーツはバスケットボールならではだ。

ハーフタイムショーでは水戸の親善大使であるt-Aceがライブを披露。

dsc08033 dsc08041 dsc08051
ダンサー、MC、シンガーの総勢11名でロボッツの開幕戦を盛り上げた。

そして、この試合は特に白熱していた。
第一クオーターでは31-16の15点差で茨城ロボッツが勝っていたが、第三クオーターでは59-49の10点差。
ところが第4クオーター点差は一桁。

試合時間残り4分からは1ゴール差の一進一退。
プレイ一つ に観客は息を飲む展開に。

BIGBULLSの21番 澤口選手のカットインからファールを誘いフリースローによる加点。
緊迫した状況の中、ついに4点差をつけたプレイにこの日一番の歓声が会場に響いた。
試合時間残り1分。ファールゲームに突入。
ミス誘発のセオリーとなるが、ロボッツの選手は確実にフリースローを決める。

ラスト17秒。勝利に向けて、会場全体で茨城ロボッツコールが巻き起こる。
そして試合終了。
結果は84-75、ホーム開幕戦大勝利となった。

dsc08122

dsc08085 dsc08086

dsc08079

初戦から素晴らしい試合展開で見る人は飽きることはなかっただろう。
こんないい試合が出来たのは、茨城ロボッツが強かっただけではなく、観客の応援があっただけでなく、対戦相手の岩手ビッグブルズが素晴らしいチームであったからだ。

この青に染まった会場。
これがアウェイだった時の事を考えると応援者が少ない場所で戦う事がとれだけ難しいかがわかる。
それらをファンも理解しながら、よりホームを素晴らしいものとすべくよりいっそう応援していきたい。

試合が終わるとメンバーは観客席に向けて、丁寧に挨拶をしていく。

dsc08113

dsc08107

そして各選手がファンと触れ合い、楽しそうな姿が見受けられる。

dsc08130

dsc08135

dsc08142

今回、水戸にバスケットボールチームが出来たことが、こうした子供達の一つの指針。

私も小、中、高とバスケをしていて、当時憧れていたのはスラムダンク。

学生時代の人気スポーツは野球、サッカー、そしてバスケットボールだったが、当時プロスポーツとして将来性がないと言われていたのがバスケだった。

dsc08064 dsc08151

この日試合を見に来た子供達にとって、プロバスケットボール選手になるという大きな夢を描くきっかけになるだろう。

水戸を元気に!茨城を元気に!と大人達は言うけれど、私としては子供達への夢を与えられることに最大の意義があると考える。先人達がこれからの若い芽をどう育てるか。

dsc08091

そんなスポーツ選手達や大人達が人を応戦する姿を身近に見れる環境が出来た子供達はきっと幸せだ。

 

次のホーム戦は10/15,16に対福島ファイヤーボンズ戦。

是非多くの人にこの熱気を感じてほしい。

https://www.ibarakirobots.win/schedule/list.html

 

 

ライター : Mike

3737 views