横浜と言えば中華街なんだよねきっと。でも俺はあの狭い路地のとある喫茶店を目指したんだ。コーヒーマツモト

横浜と言えば中華街なんだよねきっと。でも俺はあの狭い路地のとある喫茶店を目指したんだ。コーヒーマツモト

先日、横浜へ観光に行ってきました。

本来の目的は

20160320_3284

このクマに会いに来たのです。

彼女の名前は jacky (ジャッキー)

tbs_header_promotion

くまのがっこう』は、日本の子供向け絵本シリーズ。作者はあいはらひろゆき(文)とあだちなみ(絵)。ブロンズ新社から出版されている。レーベルはバンダイキャラクター研究所の企画による絵本レーベル「PICT.BOOK」。

wikipediaより

 

ご存知の方もいるのではないでしょうか。絵本で人気を博したキャラクターです。
そのジャッキーのイベントがあって、実際に会えるっていうんだからこれは行くしかないと話になり、横浜に繰り出す事になりました。

(ちなみに前日は那須のテディベアミュージアムに行きました。とにかくクマまみれの2日間)

 

kuma-top

周りは子供連れの方が非常に多く、私の様な怪しいおっさんはいるはずもありません。

最近では仕事の関係もあって、子供が大好きになりました。

園で会う子供達のプライベートというか休みの過ごし方は

きっとこういう風に家族で出掛けるんだろうなぁとふわふわ考えて、何だか妙に嬉しくなった光景でした。

 

会場は横浜人形の家

文字通りのイベントが随時開催されている様で、普段も様々な世界各国から集めた人形が展示されています。

とりあえず着ぐるみジャッキーに会って、一緒に写真を撮ってもらいました。

その肝心の写真は恥ずかしいので割愛します。

20160320_5527

 

DSC02611

 

もちろんここに来れたのはすごく嬉しかったのですが、実のところ私はジャッキーよりもルルロロの方が好きなのです。(どうでもいい)

de9d03871ea29033fe35eb04f04c6559

がんばれ! ルルロロ TINY★TWIN★BEARS
『ジャッキーのいもうと』を原作としたテレビアニメ『がんばれ! ルルロロ TINY★TWIN★BEARS』が、NHK教育テレビジョンの『Eテレキッズ』枠にあるミニアニメにて放送されている(現在は木曜日に放送)。

wikipediaより

 

そんなルルロロを好きになったきっかけはHuluでやたらと表示されていて、なんとなく見ていたら楽しい気持ちになったというところです。

この辺も話すと長くなるのでやめておきましょう。

 

会場の近くがあの有名な中華街だったので、せっかくだから軽く立ち寄ってみました。

20160320_2914

DSC02647

 

DSC02650

いやいやまぁ、人が多いのなんのって。

 

みんなキョロキョロしながら歩くから、危ない危ない。

もちろん私もですが…。

DSC02658

お腹が空いたので食べ歩きしました。

選んだのはもちろん豚まん。

20160320_847

 

そして、もう一つ以前から成し遂げたかった目標

関羽が祭られている関帝廟(かんていぴょう)にも行ってきました。

20160320_7993

 

三国志の英雄 関羽に会いに。

Mikeさん(@yeah_yeah_mike)が投稿した写真 –

 

様々な名所を回って、久しぶりの横浜を堪能したところで、次は何をしようか。

 

ふと思い出したのは僕の崇拝する『濱マイク』のロケ地が横浜だという事。

早速、グーグルマップであの場所を検索してみると、現在地から15分。これはもう行くしかないでしょう。

私は濱マイクを見たのは19歳。

もうあれから13年の月日が経とうとしていても、その憧れやカッコよさはしっかりと記憶しています。
自分のDJネームにするほどの作品だった訳ですから。

 

グーグルマップに連れられて、商店街に入っていく。

 

こんなところに本当にあるのだろうか。

 

少し不安に思いながら歩いたその道の先には

 

DSC02677

DSC02678

 

あれ?

あれあれ?

 

DSC02679

 

あったぁあああああああああああああ!!!!!!!!!!

 

そう、ここが私がずっといつか行こう。いつか行こうと願い、13年の月日が経った場所。

『コーヒーマツモト』

それはもう速攻で写真ですよ。なんて言ったって私はただの観光客ですから。

 

という訳で、話したい事がたくさんありすぎるので
また次のブログでお話しさせて頂きます。

久しぶりにちゃんと自分の行動をブログに起こしてみると、またこの経験をしている様で楽しくなってきました。

そういう思い出すためのひとつのツールとして、ブログっていうのは使えるものでもあるんだよね。

最近ではみんなSNSに慣れて、投稿する事も減ってきている。私自身もそう。

受信するのはもちろん楽だし、楽しいけれど、発信する事の喜びももっと感じてもいいと思うんだ。

 

 

Mike

By
577 views